社協-2.jpg


社会福祉法人 庄原市社会福祉協議会「あふれる笑顔、この地域に」
Shobara-City Council of Social Welfare

get_adobe_reader.png

平成21年度 社協のつどい

認知症理解へ手づくり劇 〜 庄原市社協職員ら「スマイル一座」〜

(2009年11月13日(金)中国新聞(日刊)北、26面県北に掲載されました。(同上記事タイトル))
庄原市職員、庄原市社協職員、地域の主婦たちでつくる劇団「スマイル一座」が社協のつどいでデビューします。
認知症をテーマにしたオリジナル劇「どうしたの!?おばあちゃん」によって認知症をわかりやすく身近に劇で伝えます!

花子おばあちゃんがさっき食べたご飯をまだ食べてないとやってくる。 今度は財布がない!財布がないんよ悩むおばあちゃん

今や誰もがなりうる可能性のある「認知症」で残念ながら特効薬や治療薬はないに等しいのが現状です。認知症は一般的な病気として少しずつ認知されてきていますが、未だに特別な病気で恥ずかしいなどと誤解を受けています。
しかし、一人ひとりが認知症を正しく理解して、例え認知症になったとしても「個人の尊厳」が守られてお互いが理解して支え合える家族や地域づくりが認知症にとっての準備や薬なのかもしれないと思います。
こういった「地域づくり」のメッセージを劇を通じて「社協のつどい」から発信しています。

よろず相談のご案内

庄原社協ロゴ2.gif
緊急時等専用電話
080-5239-4085

法律相談(弁護士対応、無料)

予約制でお一人様の相談時間が30分以内です。


8月4日(金)
9月1日(金)
(第1金曜日)
12:45〜15:45
場所:庄原市ふれあいセンター

相談内容:賃貸に関するトラブル、交通事故、相続、離婚、借金問題、消費者トラブルなど

司法書士相談

予約制でお一人様の相談時間が45分以内です。


7月19日(水)
8月16日(水)
(第3水曜日)
13:30~16:00
場所:庄原市ふれあいセンター

司法書士相談の内容はつぎのとおりです。
・不動産の名義変更
・成年後見
・相続登記、遺言
・会社の登記
・借金の整理
・簡易裁判所訴訟代理
・その他、司法書士が相談を受けることができる法律問題全般


kouhou201612102.jpg