初めて植えた大豆を使って、料理できたよ!!

まるごとH29.2

8年前から、世代間交流として、板橋小学校5年生の児童と敷信自治振興区の住民が

大豆の栽培に取り組んでいます。

天候にも恵まれて、種まき、収穫、脱穀、加工・調理の一連の過程が順調にすすみました。

 

先月2月27日(月)は、加工・調理の日でした。最近あまり見なくなった石臼を使い、

地域の方に教わりながら、大豆をきな粉に加工したり、調理をされました。

当日のメニューは、「蒸し大豆」「きな粉餅」「豆腐」「おからコロッケ」

「おからサラダ」「豆乳」です。大豆から、いろいろな料理ができる一連の行程を

学ぶことができました。

 

「クラスみんなで仲良く作業をする」という目標を達成できた喜び、自分たちの

育てた大豆をいただく喜びを、地域住民と一緒に味わいました。

「来年も楽しみ」と地域の方も意欲的で、来年度のためにと種を残されています。

 

【児童の感想】

・重くて石臼を回すのが難しかった。

・舐めたら、豆腐作りのにがりが本当に苦いのがわかった。

・豆乳が濃くておいしかった。

・豆腐を初めて切って楽しかった。

・どのメニューもおいしくできた。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>