社協-2.jpg


社会福祉法人 庄原市社会福祉協議会「あふれる笑顔、この地域に」
Shobara-City Council of Social Welfare

get_adobe_reader.png

HOME > 地域福祉 > たんぽぽ

自立相談支援事業「たんぽぽ」

平成27年4月、「生活困窮者自立支援法」が施行されました。
庄原市社会福祉協議会では、庄原市からの委託を受けて、「自立相談支援事業たんぽぽ」を行って
います。

失業、非正規雇用や低所得で生活に困っておられる方、ひとり親で仕事と子どもの将来に不安を抱えておられる方、就職しても続かなかったり、しばらく働いてなくて就職に不安をお持ちの方、生活の不安や心配ごと、悩みごとをまずはご相談ください。
自立相談支援事業「たんぽぽ」では、相談支援員が、一人ひとりの状況に合わせて、一緒に考え、他の専門機関と連携して心配ごとや困りごとの解決へのお手伝いをします。
ご家族などまわりの方からの相談もお受けしています。

相談できること

・生活が苦しい…。
・公共料金の滞納もある。
・借金が増えるばかり…。
・周りに頼れる人がいない。どこに相談したらいいの?
・仕事が続かない。
・次の仕事がなかなか決まらない。
・毎月の家計のやりくりがうまくいかない…
・家賃の支払い、どうしよう…
・食べるものがない…。 
・家族が、ひきこもっている。

相談から支援までのながれ    
秘密厳守 ・ 相談無料 

相談できる方

生活保護を受給している方以外で、生活に困っていて、最低限度の生活を維持することができなくなる恐れのある方。年齢に制限はありません。


1.相談
まずは、悩んでいることを何でも話してください。
悩んでいること、困っていることなどお話をうかがいます。

2.課題の整理、他機関への紹介
・相談者本人のみならず、世帯や周辺の状況について、様々な課題を包括的に把握して一緒に
理解を深めます。
・相談内容から社協による支援、または関係機関への紹介等を判断します。
関係機関への紹介は、確実に“つながる”よう同行支援などを行います。

3.一緒に自立への支援計画を立てます 
・必要な手続き、支援について一緒に考えます
・相談者の抱えている課題を解決するための支援内容を検討します。
・相談者の希望を尊重しながら、必要な支援が計画的、円滑に提供できるように相談支援員と相談者本人が一緒に計画を作成します。
・そして、計画が適切かどうかを行政・関係機関・社協が出席する支援調整会議で協議して、支援が決定します。

4.支援計画の実施
・目標に向かって一緒に取り組みます。
決定した支援計画に基づいて、支援が提供されます。
目標に向けて、適切な支援が実施されているか定期的に確認しながら、必要に応じて面談や
会議等の調整を行います。

5.自立した生活
目標達成!    

〇支援内容

自立相談支援事業  あなたに合った支援計画を作ります。

生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まずはご相談ください。
相談支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなたと一緒に考え、具体的な支援計画を作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

家計相談支援事業  家計の立て直しをアドバイス。

家計状況の「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるよう
に、状況に応じた支援計画の作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、早期の生活再生を支援します。

住居確保給付金の支給  家賃相当額を支給します。

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、支援計画に位置付けられた就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、市から家賃相当額(上限額あり)が支給されます。生活の土台となる住居を整えたうえで、就職に向けた支援を行います。

食料供給支援(フードバンク)事業  一時的な食料品の提供

広島市安佐北区のNPO法人「あいあいねっと」と連携し、一時的あるいは日常的に食べ物に困る生活困窮者(世帯)に対して、食料品を提供します。

就労訓練事業 柔軟な働き方による就労の場の提供

すぐに一般就労することが難しい方のために、その方に合った作業機会を提供しながら、個別の就労支援プログラムにもとづき、一般就労に向けた支援を行います。

ハローワーク等と連携した就労支援 「働きたい」を応援

ハローワークへの同行支援や就労に関する情報提供など、関係機関と連携して、1人ひとりの身体や生活状況、障がいに応じた就労支援を行います。

〇連絡先
自立相談支援事業「たんぽぽ」
庄原市社会福祉協議会 地域福祉課 

〒727-0013
広島県庄原市西本町四丁目5-26 庄原市ふれあいセンター 1階
電話:0824-72-7120  FAX:0824-75-0084
メール:info@shakyoshobara-city.or.jp
※職員が訪問して、相談にのることもできます
※または、お近くの各地域センターにご相談ください。

よろず相談のご案内

庄原社協ロゴ2.gif
緊急時等専用電話
080-5239-4085

法律相談(弁護士対応、無料)

予約制でお一人様の相談時間が30分以内です。

平成30年2月2日(金)
12:45〜15:45
場所:庄原市ふれあいセンター

相談内容:賃貸に関するトラブル、交通事故、相続、離婚、借金問題、消費者トラブルなど


司法書士相談

予約制でお一人様の相談時間が45分以内です。


12月20日(水)
平成30年1月17日(水)
平成30年2月21日(水)
13:30~16:00
場所:庄原市ふれあいセンター

司法書士相談の内容はつぎのとおりです。
・不動産の名義変更
・成年後見
・相続登記、遺言
・会社の登記
・借金の整理
・簡易裁判所訴訟代理
・その他、司法書士が相談を受けることができる法律問題全般


kouhou201612102.jpg